ミックスローンの仕組みとは?

ミックスローンは住宅ローンを借入する際に複数の金利体系を組み合わせるものです。
一般的には変動金利と固定金利を組み合わせますが、同じ固定金利であっても、固定期間の異なる金利を組み合わせることもできます。
また、その組み合わせの比率も自由に設定できるようになっている金融機関が多いです。
ただし、通常は組み合わせられる金利体系は2つであって、それ以上の数を組み合わせることはできません。
現時点では変動金利が最も低く、固定金利の固定期間が長いほど金利が高くなっています。
そのため、変動金利の低金利というメリットを受けながら、全てを変動金利にするのではなく、将来的な金利上昇リスクもある程度は回避したいというニーズが根強くありますので、多くの金融機関でミックスローンを取り扱っています。
金銭消費貸借契約書は1枚なので印紙代の負担は増加しません。
金利に関する約定書を別途結ぶだけです。
預金口座からは金利体系ごとに返済額が引き落とされます。
シュミレーションで比較するミックスローンのメリットは?