顔のしみと肝班とは?

顔にできるしみにはビタミンがいいとされていますが、効果が期待できないしみもあるといいます。
ビタミンをせっせと取り入れても、肝班という30代~40代でできるしみには効果がいまひとつです。
肝班の見分け方は、しみのふちが明りょうでないこと、右と左に同様に出てくることです。
紫外線だけではなく女性のホルモンが原因といわれ、出産した女性などに多く発症します。
ビタミンの補充は、日光のせいでできたしみには効果的ですが、肝班の顔のしみには影響が出にくいといいます。
では、顔のしみである肝班には何がいいでしょうか。
合成アミノ酸であるトラネキサム酸を使うという方法も存在します。
トラネキサム酸は止血剤として使われていて、血友病や白血病の出血を抑える薬としても使われています。
このトラネキサム酸が、肝班を目立たなくする効果があるとされています。
1カ月ほど、1日3回のトラネキサム酸錠剤の摂取を継続することで、肝班が薄くなったという例もあります。
しみの薄れが確認されてからも1カ月は服用を継続することによって、治療効果が上がっていきます。
顔にできたしみが肝班であることに気づかず、紫外線などの影響によるものだと判断してうかつにレーザーを使うと、逆にしみが濃くなってしまうことがあります。
医療機関で専門の医師に診てもらうことで、トラネキサム酸治療が可能になりますので、まず皮膚科に行くことをお勧めします。
シミ消す化粧品ランキング!口コミは?【市販でシミを消す方法】