サロンで光脱毛を受けるときには?

サロンで光脱毛を受けるときには、事前に準備が必要です。
予約日の前にはあらかじめムダ毛を剃り、自己処理しておかなくてはいけないのです。
ムダ毛があると光が余計な場所にあたってしまうので色素部分が多すぎて施術ができませんし、次回からのアドバイスを受けてその回は終了、なんてことにもなりかねません。
注意されたあとに施術してもらえたとしても、効果が薄いのなら、きちんと下処理しておけば良かったと思うことでしょう。
ところでこのムダ毛の事前処理ですが、ムダ毛を抜いたり脱色したりはNGです。
光脱毛は毛根の黒い部分に作用して脱毛を促すので、毛根の黒い部分が残っていないと効果が得られないというわけです。
「溶かす」か「剃る」かどちらかの方法で毛根のメラニンを損なわない方法で処理してください。
毛の色や質によっては、溶かすより剃るほうが向いているかもしれません。
毎回のことですので、サロンで聞いてみると良いでしょう。
一般的に脱毛器のイーモリジュを使用するメリットは、脱毛後の満足度は他の自己処理方法と比べると抜群にいいし、比べてみるとエステサロンなどよりも費用が抑えられることです。
更に言うと、隙間時間を使って処理できることが、家庭用の脱毛器のイーモリジュを使って自己処理をするメリットです。
初期投資が必要なこともありますし、カートリッジを追加購入しなければならない商品もありますが、全身を脱毛するには脱毛サロンより安価で済むでしょう。
脱毛後のおすすめのケアがあります。
それは、潤いを保つよう心掛けてください。
保湿剤(低刺激のもの)をつけて肌の乾燥を避けます。
以降、二、三日はシャワーだけにする、シャワーやお湯のみで流すのが無難です。
万が一、色が赤くなったときは、そのまま放置せず、冷やしてください。
一般的にピルを飲んでいるひとについては医療機関での脱毛施術が禁じられているというわけではありませんが、皮膚の色素沈着が起こるかもしれないという危険性があります。
そうは言うものの、確率的な見方をすると低い確率ではありますし、そんなに心配しなくてもいいといえます。
それでもなお、不安を感じるなら施術を行う前にスタッフに問い合わせしてください。
事前に説明を受けるはずですが、脱毛サロンに施術を受けに行く時は、施術部位の毛を自分でできる範囲で処理しておくことになっています。
ムダ毛がたくさん残っていると施術を受けるのは無理なので、皮膚表面にムダ毛をなるべく残さないようにしておきましょう。
施術の直前に処理するのはNGで、できれば二日ほど前に済ませてしまいましょう。
処理後のアフターケアも忘れずに行い、炎症が起きないように気をつけてください。