生命保険会社のおはなし

よくバブルの時は高くて、バブルあとは低くなったと言うことを聞きますよね。
それでは、日経平均株価のちょうど良い価格と言うのは一体いくら位のものなのでしょう!?日経平均株価については高い安いを言うものではありません。
これは、あくまでも株を表す指標であります。
その為、ちょうど良い価格と言うものは存在しないと言うことです。
そんな持論もあります...。
バブル全盛のころは、日本の投資家が株を大方9割占めていました。
そう言われています。
特に「生命保険会社」や「銀行」が大量に持っていました。
そして、企業自体も株の持合PER(株価収益率の事です。
株価を1株当たりの当期純利益で割った数字になります。
株価評価で最も重要な指標の一つです。
)それがバブル崩壊で生命保険会社、銀行、そして企業も株を手放すことこになります。
これで買い手がいなくなってしまいました。
その必要があります。
彼らは世界的な規模で株の水準を考えると言われています。
その為、日本もその水準に近づくことが出来たと言います。
一番シンプルな考え方に配当利回りがあります。
これは長期金利を少し上回っているぐらいですね。
それがちょうど良い価格と言います。
※株には値下がりするリスクがあります。
ですから、期待度が高ければ長期金利を下回る事になります。