住宅ローン繰り上げ返済の方法は?

住宅ローンの繰り上げ返済には、2種類あります。
「期間短縮型」と「返済額軽減型」です。
それぞれに特徴があるので上手く使い分けましょう。
まず期間短縮型の特徴としては、毎月の返済額は変わらず残りの返済期間が短くなります。
期間が短くなる分利息分が減るので、ローンの早期完済を目指したい人にお勧めです。
次に返済額軽減型特徴としては、残り返済期間は変わらず毎月の返済額を少なくします。
こちらは主に毎月の返済額が多くて負担に感じる人や将来の借り換えに備えて、期間は短縮したくない人にお勧めです。
どちらの繰り上げ返済にも支払利息が軽減されるというメリットがあるが、生活資金ではなく余裕資金で返済をしないと急な出費に対応できないなどの生活を圧迫してしまう可能性があります。
そして最後に、住宅ローンを申し込む際に疾病や死亡保障のついたものにしている場合、万が一に備えて無理に住宅ローンを全額繰り上げ返済しなくてもよいのではないかと思います。