カードローンで審査に落ちる理由として総量規制が関係してくることがある?

カードローンの審査は、以前に比べると厳しくなる傾向にあるようです。
2006年の12月に定められた貸金業法の影響が強いわけですが、この法律は利用者を守るための法律となっているので、審査が厳しくなるのは仕方がないでしょう。
貸金業法に違反した金融会社は厳しく処罰されるので、当然ながら審査も厳しくなります。
貸金業法の中でも借り入れの審査に大きく影響するのが総量規制です。
総量規制とは年収の3分の1以上の借り入れをすることが出来ない法律で、審査に落ちる理由のひとつとなっています。
しかし、この総量規制はキャッシングなどのお金を借り入れる場合であって、商品を購入するためのクレジットには適用されないので、商品をクレジットで購入して、その商品を買取るという業者もあるようです。
ただし、購入額と買取り額の差額が大きいので、結果的に高い金利を払っていることになるので、あまりお勧めできません。
また、総量規制を無視して借り入れできる会社もあるようですが、不当な金利を要求される場合がほとんどです。