フラット35には、印紙代・火災保険・団体信用生命料などの費用がかかります

住宅ローンを組む際、細かいお金がかかります。
例えば、印紙代や保証料、手数料といった物です。
これらの物は、借入額にもよって異なってきますが、だいたい100万円前後かかることが多い様です。
昨今は、頭金0円で住宅ローンが組める事が多いですが、これらの細かい金額は、出来れば現金で支払ってしまった方がお得です。
また、最近人気があるフラット35でも、この様な細かい金額はかかってきます。
フラット35の場合、保証料はありませんが、印紙代や手数料はかかり、その他、火災保険と団体信用生命が自主加入となりますので、その金額もかかります。
審査は一般的な住宅ローンと同じ様な感じですが、多少提出書類が多く、審査時間がかかる事が多い様です。